難波の整体で神経機能改善ならNakaoカイロプラクティック2

query_builder 2022/01/27
ブログ
AdobeStock_252776020

難波の整体で神経機能改善ならNakaoカイロプラクティック2



神経系の分類


ヒトの神経系には中枢神経系と末梢神経系があります。中枢神経系は脳と脊髄で、それぞれ頭蓋骨と脊椎骨で守られています。末梢神経系は頭蓋骨や脊椎骨から外に出て、すべての器官、組織、筋、腺に分布します。体性神経系は、皮膚、筋肉、骨、関節の感覚受容器から脊髄へ情報を送る感覚神経と、反対に脊髄から筋肉へ情報を送る運動神経とがある。自律神経系は交感神経と副交感神経が相互に拮抗しながら、体の内部環境、すなわち心臓、肺、血管、その他の内臓器官を調整します。さらに、消化官には独自の内在自律神経系、すなわち散在腸管神経系があり、第3の末梢神経系と言われています。


ニューロンの構造とその機能


神経細胞(ニューロン)は軸索と呼ばれる1本の主要な突起と、多数の樹状突起を持ちます。多くのニューロンが神経回路網を形成します。ニューロンは細胞膜に包まれた細胞体に核を持ち、細胞質には各種の細胞小器官をもつ点では体細胞と共通しています。特異な点は、細胞体や樹状突起にあるシナプスを通して他のニューロンから情報を受け取り、軸索を通じて他のニューロンに情報を送る点です。ニューロンの位置する部位によって、軸索の長さや樹状突起の分枝など異なりますが、基本的な構造は変わりません。軸索末端には、微小管を通じて運んだ神経伝達物質を貯蔵するシナプス小胞があります。情報の受け手のシナプス後ニューロンの樹状突起に数千とも数万ともいわれるシナプスをもちます。1つのニューロンが軸索の分枝を介して、他の多くのニューロンに情報を送ることを発散、逆に1つの標的ニューロンが多くのニューロンから情報を受けることを収束といいます。ニューロンが伝える「情報」の実態は活動電位と呼ばれる細胞膜内外の電位の一過性の変化です。ニューロンが活動電位を生み出すことを「興奮」と呼びます。活動電位の発生は「全か無かの法則」に従うデジタル的なものです。つまり個々の活動電位の振幅はほぼ同じで、情報として意味をもつのは活動電位の頻度や連なりのパターン(インパルス列)です。活動電位は膜透過性の変化によって生じます。



              参照 やさしい生理学 南江堂




Nakaoカイロプラクティック


中尾陽


大阪府大阪市浪速区幸町1丁目2-9 RE-005 403室


090-8431-5047


NEW

  • 難波の整体で神経機能改善ならNakaoカイロプラクティック2

    query_builder 2022/01/27
  • 難波の整体で神経機能改善ならNakaoカイロプラクティック

    query_builder 2022/01/26
  • 難波の整体で便秘改善ならNakaoカイロプラクティック

    query_builder 2021/12/06
  • 難波の整体で内臓調整ならNakaoカイロプラクティック

    query_builder 2021/11/10
  • 難波の整体ですねの痛みを改善

    query_builder 2021/10/11

CATEGORY

ARCHIVE